WWDC 2016で発表されたiOS 10、macOS Sierraなどについての私感

iOS 10Apple関連(iPhone,iPad)の話題

WWDC 2016で発表されたiOS 10、macOS Sierraなどについての私感 | | スマヤス。Appleの年に一度の開発者向けイベント「WWDC 2016」の基調講演ではいろいろなことが発表されました。

開発者向けのイベントなので、基調講演以外のセッションは非公表で開発者でないとわかんない話も多いのですが、例年ソフトウェアに関する発表が中心になる(たまにはハードの発表もないわけじゃないですけど)のはわかってるはずなのに、長らく更新されないままのMacBook ProやMacBook Airの新モデルがWWDCの基調講演で発表されなくてガッカリとか言ってるのは、そもそもWWDCの趣旨を勘違いしてるような気がしますよ。

発表されたこと全てに触れるというのはなかなか厳しいので、個人的に思ったまま書いてみたいと思います。


スポンサーリンク


OS X改めmacOS

噂はありましたが、このタイミングでOS XがmacOSに改名されました。まぁ、昔からのMacユーザーだと大文字小文字の並びに違和感があっても、どこか懐かしく思うところはあるんじゃないかなと思います。

さすがに日本だけ漢字Talkにはならないでしょうけど(笑)。

新バージョンは”macOS Sierra”という名前になりましたが、バージョン表記は相変わらず10.12となるようです。改名のタイミングでバージョンも改まるのかと思ったんですがそうではなかったようです。

iOSがバージョン10になったことで、OS X 10.12のままだと混同されそうだから改名したという線ももしかしたらあるのかもしれませんが、基調講演でも言っていたように

・OS X
・iOS
・watchOS
・tvOS

と並べると、OS Xだけ”OS”が前にあって、他は後ろで並びが違うと言われると納得するところはありますねぇ。

やはり今回一番のトピックはSiriがMacにも搭載されたことでしょうね。

SiriはiOSやtvOSなども含めて今年のOSの更新ではかなり重要度の高い要素であり、緊密に統合されただけでなくサードパーティにも開放されることで、面白い使い方を考えるところも出るかもしれませんね。

あとはUniversal Clipboardといって、iOSとmacOS間でクリップボードが共通化される(テキストだけではなく動画や画像もOK)とか、iCloudが拡張されてiCloud経由でMac上のドキュメントが他のMacやiOS端末と共有できるようになったり、Apple Watchを絡めてMacのパスワード入力を省けるといった目新しい機能もあります。

iOS端末はやっぱりコピペが未だに辛いなと思うので、Macからコピペが出来るとなれば案外使い勝手が上がるかも?

iOS 10

iOSです。ついにバージョン10に達してしまいました。

iOS 10 compatible list

そしてついにiPhone 4Sや初代iPad miniがサポートされなくなります。生前ジョブズが関わっていたであろう最後のiPhoneがサポート終了というのもなかなか感慨深いものがあります。

バージョン10に絡んで10個の新機能としていろいろ紹介されてましたが、Siriがさらに出来るようになったり、メッセージアプリの大幅な強化がポイントかなぁと思います。HomeKitはまだちょっと先の未来を先取りしてる感じですし、それが日本で体験できるようになるのは当分先かなと思います。

ディープラーニングを採用してキー入力の候補の出し方や画像の顔認識をより良くするのも使ってみないとわかりませんが、それが当たり前になると便利なものとして使われるかもしれないですね。

watchOSとtvOS

watchOSとtvOSはデバイスを持っていないのであんまりピンと来ないです(^^;

ただApple Watchはいずれ買うのかなぁと漠然と考えてはいるので、動向が気になる程度です・・・。watchOS 3では動作の高速化やアプリの切り替え、お気に入りのアプリをメモリに常駐させることで使い勝手を良くしているようです。

ただしApple Watchのハードウエア自体は更新されていないので、ホントはハードのスペック的には全然余裕なんだけどいろいろと制限をかけておいて、徐々に制限を解除していっているのであればよいですが、来年以降OSの更新の度に出来ることが増えて動作が重くなっていってしまうのかが不安ではあります・・・。

その他気になったこと

Apple PayがWebでも使えるようになったことも先々考えると転換点になるでしょうけど、このWWDC 2016に関してはSwift Playgroundでしょう!!!

iPad単独で開発言語Swiftについて学べるアプリをリリースしたことは地味に意義のあることだと思うんですよね。子供の学習用とは言いますが、基礎を学べるという点では大人も使ってみるしかないでしょうね。

私もSwift Playgroundがリリースされたらぜひ使ってみたいと思ってます。


【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました