Xperia Z Ultra(C6833)実機レビュー (12) 総括します。

Xperia Z Ultra C6833Xperia Z Ultra(C6833)実機レビュー

Xperia Z Ultra(C6833)実機レビュー (12) 総括します。 | | スマヤス。Expansysさんから、Xperia Z Ultra(C6833)をお借りしていました。

そろそろXperia Z Ultra(C6833)の実機レビューも一区切りかな、ということでこれまでのレビューを総括して振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

大きさ・重さ

最初は液晶が6.44インチという数値はわかっていたものの、やっぱり大きかった(笑)。というか実際スマートフォンとしてはかなり大きい部類ですからね。

ただ、かなり薄く作られていることもあり、思っていた以上に持ちやすかったのも事実です。横幅はパスポートサイズですし片手でもいけます(個人差はあると思いますけど)。

重さに関してもものすごく重たい感じでもないですし、nexus7(2012)やiPad miniと比べれば十分コンパクトで持ちやすく、軽い。

結局のところ、スマートフォンとしては大きいけど、タブレットとしてはやや小さめ。でもその大きさは思ったほど苦にならないし、慣れてくるとこのサイズありきな感じになってきます。

その辺が良くも悪くもこの端末の特徴でもあり、やや中途半端な感じがすると思いますが、考え方次第です。個人的には使ってみて大きさはネガティブに捉えなくなり、ガラッと印象が変わりました。

液晶画面

トリルミナスディスプレイの大型の液晶は本当にキレイでした。発色も変な感じがなく鮮やかで画像や動画を見る用途にはかなり向いていると思いました。

動作速度・安定性・言語環境

これに関しては、何も言うことはありません(笑)。

Xperia Z Ultra(C6833)はAututu Benchmarkで35000近く数値が出るような端末だから、快適でないはずがありません(笑)。あらゆる動作が機敏でヌルサクで、Android 2.3までの頃のクソ端末とはもはや雲泥の差があります。

iPhoneと比べても、もっさりして嫌な感じはなかったです。

動作自体もかなり安定していて、これはキャリアの余計なクソアプリが入っていないグローバル版だからこそのメリットかもしれませんが、お借りしている間特にアプリが強制終了しまくるようなことは皆無でした。結局Android端末を不安定にしているのは、皮肉なことに端末を販売するキャリア自身なのかもしれません。

そして言語環境ですが、初期設定で日本語にすれば何も困ることはありません。グローバル版なので最初から日本語環境はあります。日本語を選んでしまえば、国内で流通しているAndroid端末とそう大差ない環境になります。

カメラ性能

うーん、カメラについてはもうちょっと頑張って欲しかったですね・・・。昼間の撮影では悪くないのですが、なんか少し色合いが暗い感じに思えますしフラッシュないので夜の撮影には向きません。

通信速度

Xperia Z Ultra(C6833)はLTE対応モデルなので、ドコモMVNOのmicroSIMを調達すれば高速LTE通信が可能です。技適マークないので常用するのは基本的にお薦めはしませんが、実際にOCNのmicroSIMを使って検証してみて問題なく使えましたし、テザリングも普通に出来たということはまとめておきます。

こいつは買いなのか?

基本的に日本では売られていないスマートフォンなので万人にお薦めは出来ませんが、海外へ行く用事がたまにでもある場合や、キャリアのクソアプリが鬱陶しいという方にはグローバル版が良いかもしれません。何よりSIMロックなんて無粋なものはありませんから。

ただし、国内で売られていないものなので基本的に国内でメーカー保証は受けられないものとして考えなければなりませんし、そこは故障の際のリスクとして頭の片隅にでも置いておかないといけません。

でも、スマートフォン、いやファブレットとしてはかなり魅力的だと思います!現時点ではExpansysさんでは再入荷待ちとなっていますが、5万前後という値段を考えれば買いだと思います。

国内向け(SOL24)の販売は?

待てる方は、auからSOL24として国内向けのXperia Z Ultraが出るようですので、そっちを待ってみるのもありかもしれません。おそらく1/22(今日)の発表ではないかと。

※1/22 10:40追記 正式に発表されました!

問題はauから出るので、キャリア謹製のクソアプリがたくさんインストールされてしまうことと、ワンセグかフルセグ、おサイフケータイといった余計な機能が追加されてしまうことです。

一方で、半年も遅れて出すということもあり、グローバル版から多少のスペック向上やマイナーチェンジはあるかもしれません。例えばカメラ周りの強化(フラッシュが追加されるとか、画素が上がるとか)があるとグローバル版よりも積極的に選ぶ理由になります。

そして少なくともauから出るのであればきちんと国内での保証も受けられますから、手は出しやすくなりますが、これから出る機種なので一括支払い時の値段は国内向けの方がグローバル版よりも高くなるでしょう。新規・MNPなら最初からそこそこいい値段かもしれませんが、機種変だと・・・。

結論

個人的には「買い」です。通話以外はXperia Z Ultraだけでいけるんじゃないかと思いますが、国内向けSOL24が出たらパケット定額を外したiPhone 4Sを通話専用にして2台持ちもいいかなと考えてます。グローバル版は目下品切れ中で次いつ入荷されるかわからない感じですが、いずれは後継機種だって出るかもしれませんから、あるうちに買っておくしかないと思います。

それか、LTE対応にこだわりがなければXperia Z UltraのC6802(3G版)も選択肢に入ると思います。値段もC6833より少し安めです。

ExpansysでXperiaシリーズを購入する!
icon


【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました