CPU-Zから読み取るXperia Z5 Compact(E5823)のスペック|Xperia Z5 Compact(E5823)実機レビュー(9)

Xperia Z5 Compact(E5823)Xperia Z5 Compact(E5823) 実機レビュー

CPU-Zから読み取るXperia Z5 Compact(E5823)のスペック|Xperia Z5 Compact(E5823)実機レビュー(9) | | スマヤス。Sony MobileのSIMフリースマートフォンの「Xperia Z5 Compact(E5823)」の実機レビューです。

前々回、前回とXperia Z5 Compact(E5823)の「Xperiaへようこそ」をチェックしつつ、指紋認証がやりづらいなぁと率直な感想を書いたりしましたが、今回はそろそろベンチマークテストもしなきゃということで、CPU-ZからXperia Z5 Compact(E5823)のスペックを見ていきたいと思います。


スポンサーリンク


ではCPU-Zを起動してみました。

SoCはQualcomm Snapdragon 810 1.56GHzと表示されています。CPUクロックは384MHz〜1.56GHzまで可変です。
Screenshot_2016-01-21-00-24-22

SoCのコアはCPU0〜CPU7まであるのでオクタコアです。上の画像と見比べてみるとわかりますが、負荷があまりないときはクロックを下げたり、コア単位で動作を停止したり(Stopped表示のところ)となかなか凝った動きをします。必死で仕事をする時はキビキビ、そうでもない時はのんびり、といったところでしょうか。
Screenshot_2016-01-21-00-24-28

次はデバイス情報。このスマートフォンのモデルナンバーはE5823。液晶は4.51インチ、解像度は720x1280pixels、メモリは1812MBとあるので2GBでしょう。
Screenshot_2016-01-21-00-24-36

システム情報です。評価機にインストールされているAndroidはAndroid 5.1.1でした。OpenGL ESは3.1まで対応なので、3DMarkのSlingShotも3.0/3.1両方実行できそうです。
Screenshot_2016-01-21-00-24-46

バッテリー情報です。充電していない状態で残量はこの時81%、状態には問題ないようです。
Screenshot_2016-01-21-00-24-51

こちらは温度情報です。スマートフォン内部の各部の温度が表示されています。
Screenshot_2016-01-21-00-24-56

そして各種センサー類の動作状況も。スマートフォンを手に持って動かしたりすると追随して数値が変化します。
Screenshot_2016-01-21-00-25-01

というのが、CPU-Zから読み取るXperia Z5 Compact(E5823)のスペックです。

最後に余談ですが、Xperia Z5 Compact(E5823)の内蔵ストレージの空き具合はこんな感じです。スクリーンショットも撮影しているので純粋な初期状態ではないですが、参考までに。
Screenshot_2016-01-20-23-17-28

次回は恒例のベンチマークテストをやっていきたいと思います。

ExpansysでXperiaシリーズを購入する!
icon

Xperia Z5 Compact(E5823)はついに4万円台突入で、なかなかお買い得度がアップしてきたように思います。


【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました