【Expansys】Moto E3(2016) XT1700が販売開始!15,000円ちょいで買えるお手頃感がいいかも。

Moto E3(2016) XT1700Expansys

【Expansys】Moto E3(2016) XT1700が販売開始!15,000円ちょいで買えるお手頃感がいいかも。 | | スマヤス。Motorolaというと、今やLenovo傘下となってしまいましたが、ブランド自体は引き続き使われていて、Moto ZやMoto Z Play、それにMoto G4といった新しいスマートフォンをリリースし続けていますが、Expansys Japaniconにその末っ子的モデルが入荷して販売開始になっているようです。


スポンサーリンク


Moto E3(2016) XT1700

その名もMoto E3(2016)です。モデルナンバーはXT1700。最近では意外と珍しいシングルSIMモデルです。

このブログでも過去Motorolaのスマートフォンはいろいろと実機レビューをやってまして、Moto E3(2016)の過去モデルであるところのMoto E(XT1021)の実機レビューもやっていました。

Motorolaのスマートフォンの良いところ、私個人的にも気に入っている点は、やはりほぼ素のAndroidであることでしょう。変な癖もなく使える点では安心です。

そんなMotorolaの最新にして、ローエンドモデルにあたると思われるMoto E3(2016) XT1700ですが、スペックを見てビックリ。SoCがMediaTek 6735Pなんです。従来ローエンドモデルであってもSoCはQualcomm製のものを使ってきましたが、今回は中華スマホにありがちなMediaTek 6735Pです。

ローエンドモデルらしく、メモリも今時少ない1GBだし、内蔵ストレージも8GBとなかなかメインで使うにはかなり厳しそうな感じではあります。通話用に安いスマホを1台みたいな感じで使うのがいいのかもしれません。

ただしデザインは画像を見る限り、Moto G3風な感じであの頃のMotorolaデザインが好きな方にはいいかも。Moto Zとかスリムになりすぎてちょっと抵抗があるという方も、Moto E3(2016)だと適度な厚みもありますし、パッと見てMotorolaのスマートフォンだなとわかる安心感はいいですね。

対応する周波数帯も
4G: LTE Band 1/3/5/7/8/20/38/40/41
3G: 850/900/1900/2100 MHz

と、ローエンドモデルの割には多めだと思います。

ExpansysでのMoto E3(2016) XT1700の販売価格ですが、11月17日現在は15,075円です!安い!

でも送料は別です。

Expansys Japanicon


【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました