Zenfone 3(ZE520KL)日本版を安く購入する方法はズバリNifMoでしょう。NifMo 秋の大感謝キャンペーンやってます。

Zenfone 3 ZE520KLMVNO

Zenfone 3(ZE520KL)日本版を安く購入する方法はズバリNifMoでしょう。NifMo 秋の大感謝キャンペーンやってます。 | | スマヤス。当ブログでもZenfone 3の実機レビューをやってますが、あれは中国版でしかも5.5インチモデルです。 日本には同じ仕様のものはありません。

ただ諸々考えると、Zenfone 3を台湾まで買い出しに行ける人は別として、日本版狙いの場合はいかに日本版を安く購入するかを考えるわけですが、幸いにして最近はMVNOサービスがそれぞれでスマートフォンも扱うようになり、大手キャリアと同じように回線契約は必要ですが、端末代金を24回払いで購入することが可能になりました。


スポンサーリンク


中でも、NifMoの場合は契約プランにもよりますけど、最大で20,100円ものキャッシュバックを受けることが可能です!!

MVNOサービスってキャッシュバックとかそんなに派手にやるイメージがなかったんですが、NifMoマジ凄い。

で、今回はZenfone 3(ZE520KL)ですが、NifMoの場合は24回払いにすると月々1,575円×24回=37,800円となります。これに回線契約がつくわけですが、例えばデータ通信3GBであれば、月額900円。それに音声通話対応にすると月額700円となって、合計で税別3,125円から回線とZenfone 3を持つことが可能になります。

ここで最大のキャッシュバックを受けるためには、データ通信10GBプラン+音声通話対応での契約が必要になります。音声通話対応であっても、3GBと5GBの場合はキャッシュバックが減額されて10,100円になります。

これでもそこそこ大きいとは思いますが、音声通話対応にしなかった場合、データ通信のみやSMS対応のデータ通信の場合でも8,100円までキャッシュバック額は下がりますが、それでもキャッシュバックを受けることが可能になります。

キャッシュバックは機器到着月から9ヶ月目に登録した口座へ振り込まれる形になるので、すぐにキャッシュバックは受けられませんが、それでも最大で20,100円、最低でも8,100円はキャッシュバックで戻ってくるとなると、Zenfone 3(ZE520KL)を普通に購入するよりも安くなるかなと思います。

また、機器到着月を含む6ヶ月目までに解除またはデータ通信プランをご契約時より容量の少ないプランに変更された場合は、キャッシュバック対象外になってしまうので、ここは気をつけておきたいところです。

私の場合はサイズ違いの5.5インチモデルですが、とにかくバッテリーが減らない、それなりに動作も快適という点では搭載されているSoCのSnapdragon 625がかなりよく出来ているのではないかと思っています。充電だって私個人的にはそんなに使わないので、2,3日に1回くらいで充電しています。

最後にこの「NifMo 秋の大感謝キャンペーン」は11月1日から11月30日までのキャンペーンのようですので、忘れないうちに早めに申し込みしておけば、あこがれのZenfone 3(ZE520KL)を安くゲットできちゃうかも!?

↓↓↓↓↓↓申込・詳細確認はこちらから↓↓↓↓↓↓



【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました