So-netが「0 SIM」を発表。デジモノステーション2月号の付録のSIMがついに正式サービスとなりました!

So-netMVNO

So-netが「0 SIM」を発表。デジモノステーション2月号の付録のSIMがついに正式サービスとなりました! | | スマヤス。So-netは月間のデータ通信量が500MB未満であれば、月額利用料が無料という新サービス「0 SIM」を発表しました。

そうです!あの今や入手困難状態のデジモノステーション2月号の付録としてついていたSIMが、これからは普通に入手できるようになったわけです!私も完全に出遅れてしまって、デジモノステーション2月号をゲットできずにいて、amazonのマーケットプレイスで買おうかどうか悩んでましたが、これで無事終了です(笑)。

スポンサーリンク

デジモノステーション2月号の付録としてついていた「0 SIM」はnanoSIMでSMSなしのデータ通信専用のものだったようですが、新サービスとして展開されるにあたっては、SIMも標準SIM・microSIM・nanoSIMから選べるようになりました。

プランもデータ専用プラン、データ+SMSプラン、データ+音声通話プランの3種類となり、プラン選択の幅が広げられています。

そして一番気になる料金体系はこのグラフを見てください。
So-net 0 SIM

データ専用プランなら、月間500MB未満のデータ通信利用なら月額料金は無料となります。

データ+SMSプランなら、月額料金は150円。データ+音声プランの場合は月額料金は700円です(いずれも月間500MBのデータ通信の場合)。音声通話が出来るプランのみ最低利用期間が12ヶ月となっています。

データ通信に関しては、500MBを超えた場合は2GBまで100MBごとに100円が課金されていき、2GBまで到達すると1,600円となります。さらに2GBを超えた場合は5GBまでは定額で同じく1,600円のままですが、5GBを超えた時に初めて速度制限がかかる仕組みとなっています。

また注意点として、データ+音声プラン以外は3ヶ月間全く通信をしなかった場合は、自動解約扱いとなりSIMの返却が必要になるようです!とりあえず毎月ちょこっとでも通信しておけばよいですが、忘れてはいけないポイントだと思います。

「0 SIM」はあまりデータ通信をしない人ならお得に使えると思います。音声プランだと700円で月間500MB未満のデータ通信ができて、普通に通話できるSIMを持てるわけですから、ほとんど電話しない人、着信メインの電話回線を維持したい人にもメリットはありそうです。

ただしデータ通信に対する課金は他社よりかなり高めなので、何が何でも月間のデータ通信量を500MB未満に抑えて使う必要があります。

データ通信が2GBで1,600円というのはMVNO同業他社に比べるとかなり高いですし、同じSo-netのPLAY SIMだとamazon限定プランで4GBまでのデータ通信が月額880円で出来るプランも存在することを考えれば、「0 SIM」に関して言えば、ガッツリ使えば使うほど割高になるというリスクを抱えるとも言えます。

「思いっきり使いたい人には全くお勧めできないけど、あまり使わない人、意識的に使わないように出来る人には低コストで回線を維持できるメリットがある」というところではないかと個人的には思います。案外玄人向け。

So-netプレスリリース
「0 SIM」サービス公式サイト


【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました