東芝から8インチのWindows 8.1タブレット「dynabook Tab VT484」が発表。

Windowsタブレット

東芝から8インチのWindows 8.1タブレット「dynabook Tab VT484」が発表。 | | スマヤス。スマートフォンではないですが、個人的に気になるCPUがBay Trail-Tで、Windows 8.1搭載の8インチタブレット。

先日はAcerから「Iconia W4」が、そしてつい最近はDELLからも「Venue 8 Pro」という8インチタブレットが発表されました。どちらもOffice 2013 Personal付きで42,000円前後、DELLにいたってはOfficeなしモデルでギリギリ4万円を切る価格で出してきましたし、直販オプションだけですが3Gデータ通信が出来るSIMスロットまでつけられるという意欲作になっています。

そして国内メーカーであるところの東芝もEncoreという名で海外ではすでに発表していましたが、ついに国内向けの8インチタブレットが発表されました。

vt484

しかし国内メーカーであるだけに、DELLやAcerよりも明らかに高めの値付け。スペックは同等、画面サイズや解像度も同一、ストレージだって32GBか64GBかの選択はあるにしても、東芝が他2社に比べて大容量のストレージを積んでいるわけでもない。それなのに店頭予想価格は5万円前半からと。おそらくは54,800円くらいからになるのではないかと思います。

確か海外では$399くらいで販売予定だったと思うのですが、5万円前半からの価格設定はボッタクリ価格でしかありません。東芝という名前にあぐらをかいていますね。ハッキリ言って残念の一言。

(無駄な価値の押し付けとも言う)高付加価値路線でしか売ることが出来ない国内メーカーは、パソコンでもタブレットでもスマートフォンでも衰退して滅びていくしかないのですよ・・・。

製品の公式サイトはこちら
東芝 dynabook Tab VT484


【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました