Xperia E4 Dual(E2115) 実機レビュー(15) レビューを総括します。

Xperia E4 Dual(E2115) Sony MobileXperia E4 Dual(E2115) 実機レビュー

Xperia E4 Dual(E2115) 実機レビュー(15) レビューを総括します。 | | スマヤス。Sony Mobileのスマートフォン、Xperia E4 Dual(E2115)の実機レビューです。

15回目の今回でXperia E4 Dual(E2115)の実機レビューは一区切りということで、これまでのレビューを総括していきたいと思います。

スポンサーリンク

大きさ・外観

imageimage

Xperia E4 Dual(E2115)は日本で一般的に流通しているハイエンドモデルを見慣れていると、「これのどこがXperiaなのさ!?」と思ってしまうほど、雰囲気が違います。とはいうものの、本体右側の真ん中に電源ボタンがついていたりとXperiaを使ったことがあるなら、特に説明しなくてもわかる共通の操作感はあると思います。

液晶は5インチで解像度は960×540と控えめですが、ローエンドモデルは解像度も低めに設定されるのでこんなものかなと思いますが、だからといって使いづらさや狭さはさほど感じないです。

スペックについて

おそらく知るかぎりでMediaTek製のCPUを使ったXperiaはこのXperia E4 Dual(E2115)が最初ではないかと思います(間違ってたらスミマセン)。

この後発売になったXperia M5やXperia C5 UltraもMediaTek製のCPUだったりするので、ハイエンドモデルはSnapdragon系を、それ以下はMediaTek系という体制になったように思いますし、今後もそうなるのかもしれません。

ベンチマークテストの結果は見るまでもなく、そんなに高成績を叩きだしてませんが、そういう性格のスマートフォンではないので重要視するところではないです。

写真・動画

リアカメラが500万画素と今時のスマートフォンとしては数値としては低いですが、必要十分な撮影はできます。
DSC_0009DSC_0016DSC_0022

Xperia E4 Dual(E2115) 動画撮影テスト(1)
Xperia E4 Dual(E2115) 動画撮影テスト(2)

動画撮影するにあたっての注意としては、内蔵ストレージが8GBしかないので仮にたくさん動画を撮影する場合はSDカードに保存する設定にしておくのは必須です。

Xperia E4 Dual(E2115)は買い?

Xperiaファミリーのローエンドモデルというだけあって、価格も1万円台前半からと手は出しやすいです。それに最初から日本語もきっちり表示できるという点では、安価なSIMフリースマートフォンの入門機として安心感は高いです。

ただ注意しておかないといけないのは、データ通信はLTEには対応していないので3Gまでの対応ですし、いわゆるFOMAプラスエリアにも対応していません。FOMAプラスエリアに関しては、日本向けではない海外のスマートフォンだと対応してることの方が少ないですし、あまり山の方に行かないってことであればFOMAプラスエリア非対応であっても致命的な問題にはならないと思いますけどね。

あとやっぱりXperia E4 Dual(E2115)で褒めるべきはバッテリーの持ち具合ですよ。この点に関してはそんじょそこらのスマートフォン以上に長持ちする可能性はあると思いますので、バッテリーの持ち具合重視な方にも良い選択になるのではないかと思います。


【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました