Xperia X Performance Dual(F8132) 実機レビュー(1) いつものように開封の儀から。

Xperia X Performance Dual F8132Xperia X Performance Dual(F8132) 実機レビュー

Xperia X Performance Dual(F8132) 実機レビュー(1) いつものように開封の儀から。 | | スマヤス。Sony Mobileの最新スマートフォン、Xperia X Performance Dual(F8132)の実機レビューをやっていきたいと思います。

2016年のXperiaシリーズの中でもフラッグシップモデルとなっていて、すでに日本国内でも大手キャリアが揃って販売を始めていますが、今回Expansysさんからは、国内流通版と違うデュアルSIM版、モデルナンバーF8132をお借りしました。


スポンサーリンク


ということで実機レビュー初回はいつものように開封の儀です。

箱は割とシンプルなデザインになっています。誰がどう見てもXperiaの箱だとひと目でわかります。薄っすらと「X」という文字が入っていたりもします。
image

箱の下部には「Xperia X Performance」のロゴとデュアルSIM版であることを示すマークが入っています。
image

薄っすらと入っている「X」が側面まで広がっています。
image

image

上部はラベルが貼られています。モデルナンバーのF8132やデュアルSIMそれぞれのIMEIなどが書かれています。本体色はライムゴールドのようです。
image

箱の底面です。過去のモデルだと本体色のカラーバリエーションが印刷されていますが、今回はないようです。
image

今回の箱は外側はシンプルなデザインですが、箱を開けると側面は結構カラフルです。
image

image

image

image

そしてXperia X Performance Dual(F8132)の登場です。
image

Xperia X Performance Dual(F8132)を取り出しました。
image

内ブタを取り出すとさらに箱らしきものが2つ。1つはUSBケーブルの絵が書かれていて、もう1つは説明書の絵が書かれています。
image

まず大きい方の箱を取り出すと、ACアダプターなどが出てきました。
image

いつものように日本では使えないACアダプターです。SONYロゴはちゃんと入ってます。
image

ACアダプター裏側です。
image

付属のイヤフォンです。
image

同じく付属のUSBケーブルです。徐々に増えつつあるUSB Type-Cではなく、microUSBです。
image

Xperia Careについて。
image

スタートアップガイドの英語版と中国語版です。
image

英語版の方をちょっとだけ。
image

デュアルSIMモデルなので、nanoSIMを2枚入れることが出来ます。
image

デュアルSIMモデルですが、2枚目のSIMとmicroSDカードは排他利用となります。
image

SAR Informatinです。
image

これでXperia X Performance Dual(F8132)の箱の中身は以上です!
image

開封の儀はこれにて終了。

ExpansysでXperiaシリーズを購入する!
icon


【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました