Xperia X Performance Dual(F8132) 実機レビュー(5) CPU-Zでハードウェアをチェックします。

Xperia X Performance Dual F8132Xperia X Performance Dual(F8132) 実機レビュー

Xperia X Performance Dual(F8132) 実機レビュー(5) CPU-Zでハードウェアをチェックします。 | | スマヤス。Sony Mobileの最新スマートフォン、Xperia X Performance Dual(F8132)の実機レビューです。

前回Xperia X Performance Dual(F8132)の初期設定が終わったばかりの状態、プリインストールアプリを見て来ましたので、お次はハード方面の話です。

CPU-Zを使って、ハードウェアの方を見ていきたいと思います。


スポンサーリンク


Google PlayからCPU-Zをダウンロード、インストールして起動します。

SoCはQualcomm Snapdragon 820が搭載されています。クロックスピードは307MHzから2.15GHzまで可変なので、必要に応じてクロックスピードを落としたり、上げたり出来る賢い奴です。
Screenshot_20160706-212443

デバイス情報です。モデルナンバーはF8132。液晶は5インチとなっていますが、厳密には4.95インチ、解像度はフルHD(1920×1080)です。
Screenshot_20160706-212450

システム情報です。Androidのバージョンは6.0.1がインストールされています。
Screenshot_20160706-212455

バッテリー情報です。この時は結構空っぽに近い感じでした(^^;
Screenshot_20160706-212500

温度情報です。スマートフォン内部のセンサーが検知した温度の一覧です。
Screenshot_20160706-212504

センサー関係の情報です。ジャイロスコープの文字があるので、ポケモンGoをやる時もARモードは問題なく行けそうです(レビュー時点ではポケモンGoがリリース前でしたので動作検証はしてません)。
Screenshot_20160706-212511

Screenshot_20160706-212517

Screenshot_20160706-212523

Screenshot_20160706-212528

ハイエンドモデルともなると、結構いろんなセンサー類が搭載されていることを改めて感じます。安価なスマートフォンだとセンサーのところは割とスカスカですからね・・・。

ということで、CPU-Zを使ってハードウェアを見てきましたので、次回は恒例のベンチマークテストをやっていきたいと思います!

ExpansysでXperiaシリーズを購入する!
icon


【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました