Zenfone 5(A501CG) 実機レビュー(1) まずは開封の儀を行ってみます。

Zenfone 5Zenfone 5(A501CG) 実機レビュー

Zenfone 5(A501CG) 実機レビュー(1) まずは開封の儀を行ってみます。 | | スマヤス。スポンサーリンク

Expansysより購入したASUS Zenfone 5(A501CG)の実機レビューをしばらくやっていきたいと思います。

先日Zenfone 5が日本でも発売となることがASUS JAPAN発表されましたが、3GモデルはなくLTEモデルのみでした。ストレージはASUS直販や量販店などで16GBモデルと32GBモデルが販売され、MVNOサービスと絡めて8GBモデルも販売されるようです(今のところ楽天のみ8GBモデルを扱うようです)。

今回購入したのは、Zenfone 5の3GデュアルSIMモデル(A501CG)の16GBモデルです。

実は購入に先立って、ExpansysからZenfone 5(A501CG)の8GBモデルをお借りしていたのですが、結構気に入ってしまい品薄の最中に偶然在庫があったA501CGの16GBモデルを購入してしまったという異例の展開です(笑)。

A501CGは8GBモデルだと17,200円で、16GBだと18,900円だったかな、とにかく2万円以下のスマートフォンでこんなに質感が高くて作りこまれているものはそうそうないです。知らない人に見せてもZenfone 5自体が2万円前後とかまず信じられないのではないでしょうか。

ということで、まずZenfone 5(A501CG) 8GBモデルの開封の儀を行います。

Zenfone 5(A501CG)のホワイトのパッケージです。
WP_20140918_20_56_31_Pro__highres

箱の側面には穴でくり抜いたような装飾があります。
WP_20140918_20_56_47_Pro__highres

アイコン的なデザインです。3Gモデルなので3Gの表記がありますが、A500KLだとそこがLTE表記になるのだと思います。
WP_20140918_20_56_55_Pro__highres

ASUSのロゴがあります。
WP_20140918_20_57_10_Pro__highres

Zenfone 5のロゴと、パソコンではお馴染みのIntel insideステッカーが貼られています。
WP_20140918_20_57_24_Pro__highresZenfone 5(A501CG)はスマートフォンでは珍しく、IntelのCPUやチップセットを使用していて、これはこれで希少価値があります。

何も印刷されていないところもあります。
WP_20140918_20_57_39_Pro__highres

箱の底面には製造番号や型番などがいろいろ記載されています。
WP_20140918_20_57_51_Pro__highres

では、箱を開けます。

すっかり当たり前みたいになりましたが、箱を開けるとまずZenfone 5(A501CG)が登場します。
WP_20140918_20_58_18_Pro__highres

ひっくり返してみます。ホワイトモデルなので白いカバーがついています。そしてカバーにもIntel insideのマークがあります。しかしLTEモデル(A500KL)にはIntel insideマークはありません。
WP_20140918_20_58_46_Pro__highres

Zenfone 5(A501CG)を取り出した後の状態です。
WP_20140918_20_59_39_Pro__highres

まず説明書。もちろん日本語ではありません。
WP_20140918_20_59_50_Pro__highres

次にUSBケーブル。
WP_20140918_21_00_35_Pro__highres

そしてACアダプタ。付属のUSBケーブルを繋いで使います。
WP_20140918_21_01_18_Pro__highres

細かいところですが、ACアダプタにはちゃんとASUSロゴもついています。
WP_20140918_21_01_33_Pro__highres

あとはヘッドホン。
WP_20140918_21_01_46_Pro__highres

背面カバーの外し方を図で説明している紙も入っていました。
WP_20140918_21_01_59_Pro__highres

これで、Zenfone 5(A501CG)の箱の中身は以上です。
WP_20140918_21_03_49_Pro__highres

ということで、ホワイトモデルの開封の儀はこの辺で。

Zenfone 5各モデルやZenfone 6はExpansysにて好評販売中です。LTEモデル(A500KL)は比較的在庫がありますが、3Gモデル(A501CG)はかなり品薄なので、見かけたら即ゲットをお薦めします。なんたってコスパ最強ですからね!!

ASUS Zenfone 5(A501CG,A500KL)/Zenfone 6(A601CG)販売ページはこちら
icon

Zenfone 5(A500KL) LTEモデルの日本仕様はビックカメラ.comで11/8から発売となります。同じ型番(A500KL)ですが、Expansysで取り扱っているLTEモデル(A500KL)とは若干仕様が異なり、こちらは日本の最も使われている周波数帯(Band 1)にも対応したLTEモデルです。

そのため、これからZenfone 5のLTEモデル(A500KL)を買うなら、日本仕様の方がお薦めです。
Zenfone 5 日本仕様販売ページ(ビックカメラ.com)はこちら
icon

それからカバーと液晶保護フィルムもお忘れなく。



【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました