Zenfone 5(A501CG) 実機レビュー(2) 外観等をチェックします。

Zenfone 5Zenfone 5(A501CG) 実機レビュー

Zenfone 5(A501CG) 実機レビュー(2) 外観等をチェックします。 | | スマヤス。スポンサーリンク

Expansysより購入したASUS Zenfone 5(A501CG)の実機レビューをしばらくやっていきたいと思います。
今回は評価機としてお借りしていたホワイトモデルの外観をチェックします。

Zenfone 5(A501CG)正面です。
WP_20140918_21_04_38_Pro__highres

背面です。ASUSロゴ、ZenfoneのロゴとIntel insideのロゴがあります。この背面の白さの仕上がりもなかなかのものです。質感あります。
WP_20140918_21_04_48_Pro__highres

上部にはヘッドホン端子があります。ちょっとピンぼけですね、この画像(^^;
WP_20140918_21_05_53_Pro__highres

向かって右側は、電源ボタンとボリュームボタンがあります。
WP_20140918_21_06_14_Pro__highres

下側にはmicroUSBポートがついています。
WP_20140918_21_06_22_Pro__highres

向かって左側は、何もありません。
WP_20140918_21_06_29_Pro__highres

microSIMカードを装着する際は、背面カバーを外す必要があります。慣れないうちはちょっとコツが必要ですが、左下にあるくぼみあたりからバキバキと外していくとやりやすいかなと思います。
WP_20140918_21_06_55_Pro__highres

このZenfone 5(A501CG)は、3GのデュアルSIMモデルなのでmicroSIMスロットが2つ用意されています。そしてmicroSDカードを使う際もカバー脱着が必要になります。8GBモデルの場合はあまり大容量のアプリをたくさん入れなければ、やりくりは出来ると思いますが、画像や動画の撮影用にmicroSDカードを用意しておいた方が良いと思います。
WP_20140918_21_07_15_Pro__highres

なお、この手のSIMカードスロットはSIMカードアダプタを使うと脱着が厳しいようですので、出来るだけmicroSIMで使う方が良いようです。nanoSIM+SIMカードアダプタでも使えないことはないですが、脱着時に注意は必要です。

Zenfone 5各モデルやZenfone 6はExpansysにて好評販売中です。LTEモデル(A500KL)は比較的在庫がありますが、3Gモデル(A501CG)はかなり品薄なので、見かけたら即ゲットをお薦めします。なんたってコスパ最強ですからね!!

ASUS Zenfone 5(A501CG,A500KL)/Zenfone 6(A601CG)販売ページはこちら
icon

Zenfone 5(A500KL) LTEモデルの日本仕様はビックカメラ.comで11/8から発売となります。同じ型番(A500KL)ですが、Expansysで取り扱っているLTEモデル(A500KL)とは若干仕様が異なり、こちらは日本の最も使われている周波数帯(Band 1)にも対応したLTEモデルです。

そのため、これからZenfone 5のLTEモデル(A500KL)を買うなら、日本仕様の方がお薦めです。
Zenfone 5 日本仕様販売ページ(ビックカメラ.com)はこちら
icon

それからカバーと液晶保護フィルムもお忘れなく。



【こちらも要チェック!!】
【中小企業の決算処分】で売れ残った商品を、二束三文で仕入れできますよ!

【再現性OK】人生一発逆転!月利15%~のFX自動売買「Automatic Revive」で成り上がろう!

【月収800万】美人YouTuberによるヒミツの動画レッスン始めませんか?

【毎月ラクに利益60万!?】Amazonの商品を無在庫で扱え!その ”最強ツール” がついに公開!

GEARBEST フラッシュセールをチェック!

Banggoodで今使える割引クーポンコード情報

Geekbuyingで今使える割引クーポンコード情報


プッシュ通知を
タイトルとURLをコピーしました